石川県(金沢市・七尾市・羽咋市・野々市市・白山市・小松市)、福井県(福井市・坂井市・敦賀市)のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(スタッフによるクルマ紹介)

Car Life -*ブログ*-

2016.12.12

新型ソリオ

車種名 ソリオ バンディット SV

   

 

新型ソリオハイブリッド発売!!

 

 

 

 

11月29日に新型ソリオが発表・発売されました!!

 

 

 

 

新型ソリオが発売され、

ハイブリッドマイルドハイブリッド

2タイプのハイブリッドが選べるラインアップになりました。

 

 

 

 今までのソリオといえば、、、

 

 

 

 

コンパクトなサイズなので運転がしやすい!

 

       ハンドルを目一杯切って曲がるときの最小回転半径が4.8mです!!

 

 

 

室内がとても広い!

 

        室内の長さが2512mmと一番広くて室内が広く

        コンパクトハイトワゴンNo.1です! 

 

 

 

多彩なシートアレンジで大きなラゲッジスペース

 

        フラットになり車中泊も出来ますし、

        大きな荷物(自転車やスノーボードの板等)が乗せれたり、

        もちろん5人お乗り頂いて後ろに荷物も十分に乗せれちゃいます!

        ちなみに、ラゲッジスペースの荷室の長さは410mm

       (9.5インチのゴルフバックが乗ります)と長くなりました!

 

 

 

両側スライドドア&センターウォークスルー

 

        お買いもの帰り等にとても便利な両側のスライドドアが付いてます

        両手に荷物を持っていてもドアノブにあるボタンを押すと

        自動で開け閉めが出来ます!

        センターウォークスルーはお子様と一緒に後席スライドドアから乗車し、

        お子様をチャイルドシートに座らせて運転席へ移動したりと

        動きがスムーズに行えます!

 

 

 

 

 

たくさんのポイントがありますが、

今回の新型ソリオではさらに低燃費と走りを両立した

スズキ独自の本格ハイブリッドを搭載しました!

 

 

 

それにより、新型ソリオの燃費がグンッと伸びました!

 

 

 

 

コンパクトハイトワゴンNo,1の低燃費

 

32.0km/L JC08モード

 

 

 

 そこで私も新型のソリオに乗ってみました!!

 

 

 

 

まず最初に感じたのが、

 

 

AGSを搭載しているからか、とてもキビキビとした走りです

出だしの加速がとても強く感じました

 

 

それに

コンパクトながら大きな力を発揮するMGU(駆動用モーター)と

軽量・コンパクトで伝達効率のよいAGS(オートギヤシフト)で

低燃費と力強い走りの両立が出来ます

 

 

 

 

エンジンのスイッチの右側を見てみると

『ECO』と書かれたボタンがあります

 

 

 

 

これは標準モードとエコモードという2つの走行モードを切り替えるものです

 

 

 標準モード

      アクセルの踏み込み量に対し、レスポンスよく駆動力が発生し、

      キビキビした走りを楽しめます

 

 

 

エコモード

     アクセルの踏み込み量に対し、駆動力の発生を抑え、

     加速がゆるやかになり、いつもの運転でエコドライブが楽しめます

 

 

 

そしてこれからの時期にとても重宝する機能もございます

 

 

 

運転席シートヒーター 4WDは助手席シートヒーターも標準装備

     座面からダイレクトに伝わるぬくもりが、

     寒い季節の見方になります

 

 

PTCヒーターHYBRID SZ,HYBRID SX)

      室内空調ユニット内を通過する空気を電気により直接温めるPTCヒーターを装備

      室内の快適性向上に貢献しています。

 

 

リヤヒーターダクト

    高関の足元に温風を送り込むことで、

      室内のすみずみまで温めます。

 

 

 

 

 

 

まだまだお伝えしたいことはありますが、今回はここまで。

これからの時期にも、もちろん!今後も大活躍のソリオです!!

 

 

 

本当に待った甲斐あるって!!

 

 

 

 

営業 末政

 

 

  • 0

posted by スズキアリーナ嶺北  | 2016年12月12日
店舗情報へもどる